ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

山荘で考える



e0175258_1541732.jpge0175258_15125618.jpg

e0175258_14591560.jpge0175258_14131480.jpg
e0175258_14563059.jpge0175258_22571639.jpg

先日の休みを利用して、雨の京都へ。

最近ダントツ好きな場所、京都。
時間があれば、夜でもふらっと京都に車を走らせたりします。

今回は京都市内から外れますが「アサヒビール大山崎山荘」に行ってきました。
モネの睡蓮などのコレクションが見れます。

ここはかつて、実業家・加賀正太郎という人物の山荘でした。
設計も彼自身が行い、昭和の初期に完成したそうです。
(ちなみに、新館は安藤忠雄が設計してます)
今回の企画展は、登山家でもある彼が、
日本人として初めてスイスアルプスのユングフラウ登頂を果たして
100周年となる節目を記念したものだったのですが、
入り口にあった彼のポートレートを見ただけで彼のセンスがわかる。
西洋的で、モダンでファッショナブル。
ベントレーを乗り回していた吉田茂首相の側近、白洲 次郎と印象が重なります。

この日はけっこうな雨だったのですが、
この建物は雨も計算して作られたんだろうかと思うくらいに、
雨の似合う美しい空間でした。蓮の池と雨の組み合わせには感動しました。

またひとつ、「山荘」というキーワードが頭に浮かびました(笑)
テラスで紅茶を飲みながら考える。
山荘かあ…いいなあ…

ここは、さっそく写真クラブのロケ地候補に加えます。
お客様は是非行ってみてください、素晴らしいところです。
写真クラブメンバーはまだ行かないでね(笑)

ちなみに上下の写真、すべて携帯で撮りました。
はじめて携帯画像をアップしてみました。
iphoneのトイカメラみたいなアプリで撮ったので、ちょっとテイストは
遊び感覚だけど、けっこうよく写ります。
プリントせず、モニタ上での鑑賞なら十分な画質です。

デジタル機器の躍進で
カメラやその周辺の楽しみ方もまた変わっていきそうな予感がします。
このあたりのお話はまたゆっくり…



e0175258_1411029.jpge0175258_141112100.jpg
e0175258_14113331.jpge0175258_14121389.jpg
e0175258_1412256.jpge0175258_14133357.jpg












【雨の日写真のススメ】

いよいよ関西も梅雨入りしましたね。
雨の日は、カメラを持ち出すのがおっくうになりがちなのですが
晴れた日とはまた違った雰囲気の写真が撮れますよ。

雨を直接的に撮るのは難しいですが(よっぽどザザ降りなら別ですが)
雨に濡れた草花や、雨どいからこぼれおちそうな滴、
水たまりや池にできた雨の輪、カラフルな傘。
雨を連想させるものや、雨が落ちる場所に着目するとよいですよ。

また今回の授業でやっている「ホワイトバランス」という機能を使って
ちょっと青みを足すと、雨の日の空気感がよりでてきます。

くれぐれもカメラやレンズなどが濡れてしまわないように、
カメラのレインコートを着せて(ない場合はシャワーキャップなどで代用)
梅雨時期もカメラライフを満喫してくださいね〜。
by nana-photoroom | 2010-06-18 15:28