ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハロウィンパーティー

e0175258_11403369.jpg

きのうはハロウィンパーティーでした、写真はふたりのキキです☆
仮装してくれた全員の写真を撮りましたが、ほんとは全員ぶん載せたいくらいよかったです。
(写真はバック飛ばししてません〜お許しください。)
おこしいただいたみなさま、ほんとにありがとうございました。気合いの入った衣装を見てるだけでもワクワクしました。
いろいろと至らぬ点もありましたがまた来年もぜひご参加くださいね。

ハロウィンとかクリスマスとかの行事ごとって、やらなくてもまったくよいのだろうけど、一年に数回くらい、こどもはこどもらしく、大人も子供のようにはしゃいで遊べる日があってもいいなあと、
初めてのマネキュアを塗りながらふと思いました。

ぼくの仮装はツイッターに載せました、失敗だったけどね。よかったら見てくださいね☆

@kuma_megane
http://twitter.com/#!/kuma_megane
by nana-photoroom | 2011-10-30 11:45

10月はポートレート

e0175258_12262584.jpg


10月の授業はポートレートでした。
メンバーのお友達にモデルをご協力いただき、店内とロケ(近くの公園)にわかれて撮影しました。
(月曜クラスだけメンバーの都合で実演できなかったのですが、近いうちに同じような機会を作りますのでご安心ください。)
ひとりに割り当てられた時間は少なかったけど、各クラス盛り上がって撮影していました。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

後期に授業に突入して、かなり生徒さんの写真熱もあがってきてるように思います。
今月の課題を拝見する限り、みなさんの気持ちが伝わりました。
写真に対してまっすぐなんです。そういった意味でも、とてもいい写真ばかりでした。

言葉には出さないけど、同じクラスのメンバー同士で切磋琢磨し、高め合っていくうちに自然に独自の「視点」が身に付いている方もいらっしゃいます。みるみる上達しているひともいます。
迷っている人も悩んでいる人も、とてもよい方向に進んでいるよ、大丈夫です!!

3月の卒展も「きっといいものができる」という確信に近い予感があります。
この予感は例年必ずあたります。
ちょっと早いけどお楽しみに…
写真教室後半はもうちょっとクリエイティブな楽しい内容も用意しているので
難しく考えないでワクワクしながら写真をたのしんでくださいね。

さてあしたのハロウィンの衣装まったく決まっていない…どうするねやろ…
申込まだ間に合います、ぜひぜひご参加くださいね。(仮装しなくっても大丈夫ですよ)
by nana-photoroom | 2011-10-28 13:45

あたりまえのようで…

e0175258_21352121.jpg
今日という日がいったい、人生のうちで何分の一の日で、残りあとどのくらいあるのか、
多いのか少ないのかすらわからないから、
あした目が覚めたらそれはとてもラッキーなんだと思うことにしています。
そんなふうに、あたりまえと思うことでも案外そうじゃなかったりするものです。
昨夜NHKの2355を見ていたら、ふとそう思いました。
今日も一日お疲れさまでした。
(あ、写真は旅先の安いビジネスホテルのベッドです)
by nana-photoroom | 2011-10-20 21:37

すき

e0175258_14535458.jpg

最近、ぼくはペンギンとくじらがすきです。
実際にくじらに遭遇したことがなくて写真がありません。写真の転載はできないので画像がなくてすみません〜いつか…そう60歳くらいになったら自分で撮ってみたいなあ。

中でも皇帝ペンギンとシロナガスクジラが好きです。
シロナガスクジラは地球の歴史上最大の生き物。全長なんと20mから30m!泳いでいる姿、なんて美しいんでしょう…
皇帝ペンギンの赤ちゃんなんてぬいぐるみみたいにフワフワしてて、もうこの世のものとは思えないかわいさ。一緒に寝たい。

あとひよこもすきですね、黄色くてふわふわしてて。
疲れたら、子猫とかパンダとかふわふわした動物の画像をひっぱってきては癒されています。

なんだろう、この記事は(笑)

優しい味(クリームソーダ)とか、ふわふわした動物とか、おっとりした口調とか、手ざわりのよいものとか、こどものまるい手とか、風にゆれるカーテンとか、夕方のやわらかい光とか。
ときおりそんな存在にとても救われたりします。


ちいさなこどもたちを撮るときに、ふと同じようなきもちになることがあります。

大人になると、そんな無垢で優しい存在がとても愛おしく思えるのであります。
by nana-photoroom | 2011-10-14 14:43

巨星墜つ

e0175258_12513861.jpg

先日街を歩いていたら、突然5人組のアメリカ人ティーネイジャーに呼び止められ
「きみの着ているTシャツはどこに売っているんだ??」と聞かれて、「大阪にあるよ」と答えたら、「そこまで行けないから、今ここであなたの着ているものを5,000円で売ってほしい」と。いやいや無理でしょう。ここからぼくは裸で帰れと??アメリカの底力を見た気がしました。
いろんな意味で、やっぱりアメリカってすごい。

どうでもよい話は置いておいて。10月5日、偉大なアメリカ人appleの創始者スティーブ・ジョブズが亡くなって、世界中を大きな喪失感が覆っています。僕自身も身近なところにいつもりんごマークがあります。Mac Book Pro、Mac Pro、ipodにipad、iphone…ベタベタのapple信者です。
世界中見渡しても、まったく新しい価値を創出して世に送りだすことのできる会社はそうありません。appleはいつもぼくたちに未来を見せてくれる。
彼の死はあまりにも大きな損失であり…とても残念です。

http://www.apple.com/jp/

さて彼の死の直前に新しいiphone4sが発表されましたね。期待されていた5ではなかったこと、また外観も4とほぼ同じということで、世間的にはマイナーチェンジでがっかりという声もあがってますが、個人的にはかなり完成度の高いとても素晴らしいものに仕上がった気がします。

中でもカメラ性能に注目。F2.4の明るいレンズに800万画素、HPにサンプルがあったのですがとてもいい画が撮れてる。ぼく個人はこれだけでも買いです。
今では画像加工系のアプリも充実しているし、携帯のカメラでかなりのことができる。誰にでも簡単にかっこいい写真が撮れるようになった。

もちろん、携帯カメラの技術の進歩の反面で泣いているのがカメラ業界です。各メーカー、コンデジの売り上げがかなり落ち込んでいるとか。
カメラ付き携帯の普及により、いまはほぼ全員がカメラを持っていることになります。
時代と共に写真のあり方もかわってくるのは世の常。それを嘆くのではなくて、新しい楽しみかたも理解した上で、本質的な写真の素晴らしさを伝えてゆきないなと僕は思います。

10年後、20年後のカメラはどんな形をしているのでしょう。カメラそのものの実態がなかったりして。森山大道さんがいつも冗談で言っている「肉眼レフ」なるものができているのでしょうか…。
appleがカメラを作ったらすっごいおもしろいだろうなあ。

新しいiphoneの冠を5ではなく4sにしたのは…4s(for Steve)の意味を込めたかったのではとの憶測もあります。(まあまず違うと思いますが)
いまappleのHPのトップはスティーブ・ジョブズのポートレート写真になっているのですが(いい写真です)この写真のデータ名を見てみると「t_hero」となっていました。
英雄のご冥福を祈り、新しいappleの挑戦をこれからも楽しみにしています。


あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。
Steve Jobs
by nana-photoroom | 2011-10-08 13:19