ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

藤代冥砂 「福島」1スライドショーツアーのようす

e0175258_129345.jpg

昨日9月29日がくるのをどれほど待ちわびた事か。朝からそわそわ。
満員御礼、立ち見もでる状態でのスライドショーは、私たちにとっても参加したお客さんにとっても、本当に素晴らしい機会となりました。

スライドショーの内容に関しての感想は、もしかすると今日以降のスライドショーツアーに参加するお客さまも見ている可能性もあるためあえて伏せておきますが、スライドショーを見たすべての人がぞれぞれ何かを感じとっているのがわかりました。僕自身も多くのことを受け取りました。

うちは大きな箱ではないので藤代さんとお客さんとの距離感もとても近くて、参加したみなさんとのコミュニケーションにも時間をさいていただきました。本当にありがとうございます。

9月29日の藤代さんのblog記事にちょこっととりあげていただいてます!

藤代冥砂:blog http://meisablog.jugem.jp/

奈良を皮切りに、今日9月30日は大阪、岡山、山口、そこから九州へと。ちょっと考えただけでも大変なスケジュール…

写真家ってすごい、かっこいい職業だ。
またこういった機会を作れたらいいなと思っています。藤代さん、本当にありがとうございました。
by nana-photoroom | 2011-09-30 12:21

プチ工事しました

e0175258_14311390.jpg

きのうは定休日を使って店内プチ工事しました。
今回は、3カ所ほど壁をくり抜いてそのうち2カ所をben:chiさんで買ってきた窓枠をここにはめこんでます。店内がちょっと明るくなったのだ!あとは、木曜の藤代さんのスライドショーに向けてプロジェクターを天井吊りする工事(天井の補強)やらトイレや、窓際の席に勉強机的な写真のディスプレイスペースを作りました。残念ながら、カウンター席等のタイルはりが間に合いませんでした〜(T T)来月頭くらいにはできるかと思います。

そうだ。改装といえば、ちょっと前になるのですがこの夏に店前の駐車場スペース2台分をつぶしてウッドデッキになりまして(まだ完成してないのですが)、ここもいずれは客席かイベントスペースで利用できたらいいなと思っています。完成までもうしばらくお待ちくださいね。
あいかわらずちょこちょこかわっています。
どこが変わったか探すのも楽しんでいただけるとうれしいです。

なんといっても明日の藤代さんのスライドショーが楽しみで。まるで、娘のフィアンセが初めてうちにやってくるので、この機会に模様替えしよう!みたいな感じで突貫工事しました(笑)プロジェクターの動作確認やマイクのチェックなど日々準備をしており大丈夫なはずなのですが、どうも不安になります(笑)素晴らしい写真展になりますように。
明日の藤代冥砂氏の福島のスライドショー、おかげさまで満席でございます。ぼくは藤代さんの写真集を毎日眺めております。ドキドキします。29日の模様はまたここでもご報告しますね。
by nana-photoroom | 2011-09-28 14:33

ハロウィンパーティー

e0175258_11482420.jpg

ben:chiさんでのイベント、とても楽しく撮影させていただきました。みなさんとお会いできてとてもハッピーでした、ありがとうございます!上写真はben:chiの保田さんに撮ってもらいました、「写真なんでも相談室」のようすです。即席なのにうちの事務所より雰囲気いい(笑)
カメラをテーマにした雑貨はどれもひと工夫されていて、とても面白かったです。僕はひとめぼれで三脚をアレンジしたランプを連れて帰りました。保田さん作ですごくかっこいいのだ。彼の手から産まれる作品はいつも、オリジナリティと遊び心に溢れててすごく夢があって大好き。さっそく1Fカフェにディスプレイしました。今回のテーマに限らず、ben:chiさんは本当に素敵なお店やなあと改めて思った。お値段も「ほんと?」ってくらいとっても良心的なんですよ。営業日をHPで確認して、是非行ってみてくださいね!!

さてさて。
告知をひとつ。今年もハロウィンの仮装パーティーすることになりました!昨年に第一回をはじめて、とっても面白かったこのパーティー。おもいおもい楽しい仮装してきてください。食事も持ち寄りで愉快なちょっぴりホラーなドキドキパーティーにしましょう。
仮装姿でスタジオ撮影会もしますよ〜!僕個人としては昨年は完全に失敗したのでどんな衣装にしようか、今年は真剣に考えます!昨年参加したかたは昨年を上回る仮装を期待してます(笑)下写真はせんとくんと白雪姫の毒りんご贈呈式でございます(笑)

e0175258_11483817.jpg


ハロウィンパーティーinナナツモリ
□日時、場所
 10月29日(土)18:30〜 ナナツモリにて

□ドレスコード??
 仮装ならなんでもOK、かっこいいのかわいいの、おもしろいやつ
 学生服にアニメのキャラクター…などなどおおいに変身してきてください。
 (仮装がいやなかたは、おめかししてきてください☆)

□会費
ひとり1500円(小学生以上は800円、小学生未満は無料)
+ひとりにつき1品持ちより(手料理大歓迎です!!ごはんやおかずでお願いします!※)
※厨房での調理、器の移し替えのいらない状態でご持参お願いします。当日はスタッフも仮装しま すので、ご協力お願いします♡飲み物はナナツモリでも準備しますが、特に酒類たくさん飲みたい方はご持参ください。

□持ち物
あればカメラ、お料理ひとりにつき一品

□お申し込み方法、定員について
たむら個人へのメール、口頭、店のメール、伝わればOKです。定員は設けていませんが、人数が多すぎる場合は閉め切る場合もあります、ご了承ください。

寒い季節がやってきます。日々気温も変わりやすい今日この頃、みなさま風邪などひかれませんように。
by nana-photoroom | 2011-09-26 12:00

芦屋のben:chiさんでイベントします。

秋晴れですね。3連休はみなさんお出かけされるのでしょうか。各所やお店さんでもいろんなところでイベントをされていますね。ぼくもちょっとお出かけしてきます!
いつも大変お世話になっております、兵庫県は芦屋にあるすんごい素敵な雑貨店「ben:chi」さんで明日9月24日(土)出張撮影イベントすることになりました。

ben:chiさんはナナツモリがオープンする前からのご縁で、今は1Fカフェの棚の雑貨や入口の素敵なアクセサリーも毎月入れ替えに来ていただいています。(いつもありがとうございます☆)
店内のディスプレイやアイテムのセレクトがいつもすごく素敵で、お勉強させていただいてます。

毎回テーマを変えて、それにあわせて商品を入れ替えておられます。今回のテーマは「カメラ」です☆カメラ好きのみなさん、さあben:chiさんに行きましょう!!

そう。出張撮影はおかげさまでご予約はすべてうまってしまったのですが、久しぶりの「写真なんでも相談室」を開催することになりました!
カメラの操作方法や、どうしても子供の写真がうまく撮れない、とかどんな悩みでもOK。気軽にご相談ください。料金もかかりません!ぼくの趣味です(笑)

基本ぼくのあいている時間でのご相談になりますので先客がいらっしゃる場合は少しお待ちくださいませ。時間は全ての撮影終了後の15時頃から19時までです。


詳細はben:chiさんのホームページをご覧くださいませ。
HP:http://www.ben-chi.net/
by nana-photoroom | 2011-09-23 11:35

写真家いろいろ

e0175258_1050554.jpg

今月は頑張って更新しております、タムラです。息切れしそうだけど…。
1Fカフェの本棚にはいくつかの写真集が置いてあります。

最近はドイツ出身の写真家①Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)の作品集を手に入れました。すごく綺麗な写真集だ。本の装丁ってすごく大事ですよね。写真集は料金設定高くなってもよいので、所有するよろこびを刺激するような美しい仕上りであってほしいなあ。
写真はすごくいいのに、写真集でみるといまいち…とかって残念ですもんね。

写真家はもちろん写真を撮るが仕事なのであって当然素晴らしい作品を撮るのですが
写真集にしたり、大きな会場で展示したりとなると一緒に仕事をするアートディレクターやデザイナー、美術館なんかだとキュレーターなどの存在もかなり大きいですよね。
以前レスリーの写真展のトークショー前に、自分の作品の大阪での展示を初めて見ているところに偶然居合わせたのですが、
「デザイナーの○○さん、いい仕事しますね!!すっごいかっこいいですね!」というレスリーのよろこびの声が聞こえました。写真家とデザイナーの間に信頼関係を感じとれました。
写真展の写真は持って帰れませんが、写真集は好きな写真をいつでも自宅で見れる。贅沢だ。

まだ本当に少ないですが、写真集収集を趣味にしようかと密かに思っておりますので、今後もこの棚には写真集が増えてくるかと思いますのでお楽しみに。あ、どれも宝物ですので大切に見て頂けるとうれしいです☆

今日はティルマンス以外にも、日本国外で活躍する僕が好きな人を何人か紹介したいと思います。
海外の写真家に特別明るいわけではないので、今日はぼくが個人的に好きな人(気になる人)を。
今日紹介するのは、現在も第一線で活躍している写真家ばかりです。


ティルマンス以外で、まずはフランスの写真家②Hedi Slimane(エディ・スリマン)。
彼は写真家としてはもちろん、ファッションデザイナーとしての名前としても超一流です。
あのディオールオムのクリエイティブ・ディレクター(ブランドのデザインの方向性を決める最高責任者)という華々しい経歴を持ち、デザイナーでありながらフォトグラファーでもあります。
写真というのはイメージを創出する才能に特化した人なら、例えば俳優やミュージシャン、芸術家など、違うジャンルの人でもおそらく1、2年でトップになれるんじゃないかなと思いしらされる。もちろん、特別な嗅覚、感覚を持った人だけですが。
あと、写真はもちろんのことですがエディ・スリマン自身がめっちゃかっこいいです…
リンクはスリマンのblogなのですが、日付とモノクロの写真のみで構成されていてかっこいい。


そしてそしてそして!!
今ぼくのなかでダントツNo.1の写真家はアメリカのフォトグラファー、③RYAN McGINLEY(ライアン・マッギンリー)
世界で一番かっこいい写真を撮る男だと個人的には思っています。彼の写真を見ていると心臓がが早く鼓動する。ちょっと途中で休憩しないと見れないくらいドキドキします。
こんなにも人物写真を、人間の本質を美しく捉えて撮れる人をみたことがない!!
ほとんどが若者のヌードです。
ぼくが彼の写真に一番最初に出会ったのは、シガーロスというアイスランドのバンドのジャケット写真がすごく好きでとても気になって調べたところ、この写真を撮ったのは彼だとわかりました。超有名フォトグラファーなんですけどね。
HPにある、すべての写真を見てもらいたいです。好みわかれるかと思いますが是非。

最後は、PEN10月号の「伝える写真」でも特集が組まれていて、とても惹かれましたのでここで紹介しておきます。他の3名とは作風はことなっているのですが、写真表現とは本当に自由なんだと感じさせてくれた写真家、フランス人の④JR(ジェイアール)。作品、いやプロジェクトと言っていいでしょう(本名は明らかにされていない)雑誌PENから抜粋しますね。PEN10月号見てみてください。
「ある日、町なかに巨大な顔写真が出現する。展示作業が行われるのはたいてい夜中だから、誰の仕業かわからない。世界を変えると期待される人に贈られる「TED賞」で今年、その記録フィルムが放映され、ようやく「作者」の存在が知られるようになる。」…どんな作品かは、下にそのフィルムのリンクを貼っておきますのでこちらもご覧ください。まだ20代の青年だったよな。



①ヴォルフガング・ティルマンス
HP:http://www.operacity.jp/ag/exh55.html
②エディ・スリマン
HP:http://www.hedislimane.com/
③ライアン・マッギンリー
HP:http://ryanmcginley.com/
④JR
Film1:http://www.dailymotion.com/video/xambh2_jr-extrait-women-are-heroes-kibera_creation
Film2:http://www.dailymotion.com/video/xcd25a_jr-exposition-paris-2009-ile-saint_creation

みなさんも好きな写真家や写真集も教えてね。
by nana-photoroom | 2011-09-19 11:33

こども写真教室みらい

e0175258_1518725.jpg

こども写真教室「みらい」メンバーで奈良公園にロケに行ってきました。
9月でまだまだ暑い日だったのですが、奈良公園とならまち界隈をブラブラしてきました。

この日をずっと楽しみにしていたこどもたち。おやつ(200円ぶん)にお弁当持参で写真遠足。
今回のロケでも、こどもたちのおそるべき行動力にびっくりしっぱなし。
大人ではなかなか真似できないスタイルで写真撮っていました。

写真撮りたい人がいれば、躊躇なく「写真撮っていいですか??」とがんがん話しかける!
近くの人であろうが遠くにいる人にも大声でお願いする。(笑)
とにかくあまりにも頼み方が潔いので、断る人が誰もいない。むしろ子供が写真を撮っているのが珍しいのか、好意的に受け止めてもらって。会話も弾む。むむむ、勉強になる。

うちの大人クラスの生徒さんなんかでも、街を歩いてて「あ、この人写真撮らせてもらいたいな」って思っても、なかなか勇気が湧かずに撮れなかったって経験多いと思います。
こどもたちは身構えることなく、あまりにも普通に話しかけるので、撮られる人もとても自然体。
大人版に応用すれば、これはまねっこできるような気もします。
e0175258_15184594.jpg

この写真はさきちゃんが知らないおじさんに声をかけて、写真を撮らせてもらいました。
確かにとてもフォトジェニックなすてきなおじさんでした。きっと梅佳代でも撮ってるはず!!
おじさん、鹿せんべいおごってくれてありがとうございます。
(何故かその後、こどもたちは代わる代わるおじさんと一緒に写真におさまっていました)

e0175258_1339030.jpg

この奈良公園で撮ってきた写真で子供たちと一緒に新聞をつくり、3月の卒展で発表します!お楽しみに。(スクープは撮れたのでしょうか!!?)
「みらい」はこの奈良公園ロケをもって最後の授業です。子供たちからの鳴り止まないブーイングがとてもうれしかった。もっとやりたいんだって♡
こどもとカメラって本当に相性いいなあと改めて思いました。
by nana-photoroom | 2011-09-18 13:50

藤代冥砂 「福島」1スライドショーツアーinナナツモリ決定!!

e0175258_11443975.jpg
photo/Fujishiro Meisa

すごいタイトルです。そう、ビッグニュ―スなのです。なんとなんと、9月29日(木)写真家の藤代冥砂氏がナナツモリにきます!!

藤代さんが、震災後の福島に足を運び撮影してきた写真を携えて西日本をスライドショーツアーします。奈良県でははうちを会場として使用していただけることに!!なんたる光栄…うれしい!!
「藤代冥砂」といえば、写真学生時代からカリスマのような雲の上の存在…。そんなお方がうちのお店に!!

藤代さんとメールのやり取りをしているときは夢見心地でございました。なんだか今でも信じられませんが正式決定でございます。

藤代冥砂スライドショーツアー「福島」1

9月29日(木)
料金:1,500円(1Drinkつき) 開場:18:30 上映:19:00START
申し込み:0745-72-2523まで ※残席すこし

今回のスライドショーについて(意図)
「今、福島はどうなっているのだろう?放射能の影響というのはいったいどういうことか?
そこで暮らす人々は?」

7月上旬の6日間、一人車を走らせて、福島を巡ってきました。様々な土地で、様々な声を聞き、風景や人々を写してきました。多くを考え、感じましたが、受け取ったものがあまりにも大きくて、
うまくまとまりません。ただ、自分が福島で体験したものを、なるべく多くの人々と共有することで、何かが前へと進むのではないか?
そう思い、再び一人で車を運転して、西に暮らす人々に届けることにしました。僅かな時間ですが、何かを手渡しできたら、嬉しいです


藤代冥砂(フジシロメイサ)

写真家・小説家
代表作に「もう家に帰ろう」「ライドライドライド」「肉」(以上写真集)
「誰も死なない恋愛小説」「ドライブ」(以上小説)「愛をこめて」「合格女子」(以上エッセイ集)などがある。

HP:http://meisafujishiro.com/
blog:http://meisablog.jugem.jp/

お申し込みは電話、メールにて伺います。
既に申し込みが集中していて残席あとすこしです。
by nana-photoroom | 2011-09-17 13:59

きになるきになる

e0175258_13593864.jpg

今「気になったこと、もの」をふたつほど、ゆる〜く書いてみます。
まずは、この話題。いろいろと調べものをしていて偶然見つけてきになったキーワード。

「バーニング・マン」

ネーミングからしても気になる度MAXです。知ってますか?


以下ウィキペディアより抜粋。


バーニング・マンは、アメリカ北西部の人里離れた荒野で年に一度、約一週間に渡って開催される。
例年、8月の最終月曜日から9月の第一月曜日までがバーニング・マンの会期。
会場となるブラックロック・デザートは、ネバダ州リノ市の約150km (90マイル) 北北東に位置す
乾湖である。

各参加者は、この「プラーヤ」と呼ばれる何もない塩類平原に街を作り上げ、新たに出会った隣人たちと共同生活を営み、そこで自分を表現しながら生き抜く。
そして一週間後、すべてを無に還す。この実験的な地域社会は、みずからを架空の都市「ブラックロック・シティ」と呼称している。

会場は、外部の世界から地形学的にほぼ遮断されており、電気、上下水道、電話、ガス、ガソリンスタンドなどの生活基盤は整備されておらず、一般のテレビ・ラジオ放送、携帯電話などもサービス提供範囲外となる。

売店や屋台、食堂なども一切ない。主催者側が用意するのは、自然環境保護のため必要とされる仮設トイレ群と食料の鮮度を維持するための氷のみである。したがって、参加者たちは、水、食料、衣類、住居、燃料など、自らの生存のため必要とするもの全てを、自らの責任において事前に準備しなければならない。

ブラックロック・シティの「市民」たる各参加者は、思い思いの場所に自らの手で設営したテントやキャンピングカーを家とし、他者と出会い、新規に友人を作り、交遊し、問題を解決し、コミュニティを形成する。この劣悪な自然環境下で生きていくためには、おのずから隣人たちと助け合う必要に迫られるのである。

ここでは貨幣経済や商行為は忌むべきものとされており、明確に禁止されている。見返りを求めない「贈り物経済」(Gift economy)と、なによりも「親切なこころ」が共同体を成立させている。

その広大な会場の各所には、参加者の手で大小多数のアート・インスタレーションが設置され、昼夜を問わず、会場の至るところで多種多様な活動が実行に移されている。


気になった人は調べてみて下さい。画像なんかもみれるはず。度肝抜かれます。

きになるきになる。すごーく気になる。

もうひとつはこの話題。
ぼくはサッカー以外の競技はあまり観ないのですが、いまちょうどNZでラグビーのワールドカップが開催されてます。日本も出場していますよね。

優勝候補大本命のラグビーNZ代表の愛称は「オール・ブラックス」。全身黒ずくめのかっこいいユニフォームに、筋肉美。

そして、彼らの試合前の儀式「ハカ(HAKA)」を知っていますか?ラグビーファンでなくても、アディダスのCMなどでも有名ですよね。本来は戦闘民族マオリが、闘いの前に自らの力を誇示し相手を威嚇する舞です。これがむちゃくちゃかっこいい!音量あげてご覧ください。

これ

試合前にこんなのやられちゃたまりません。

ちなみに、このハカの儀式を仕切るのはキャプテンではなくネイティブニュージーランド人のマオリの血をひくものが選ばれるそうです。

この映像みて男なら絶対奮い立つはず。

ラグビー日本代表、次の対戦相手はこのオールブラックスです。
16日深夜戦いますよ!試合前のHAKAも楽しみつつ、大きな壁に挑む日本代表も応援しましょう〜!

あ〜気になる気になる。

【こぼれ話】
最近までは、「忍者」ブームがぼくの心を虜にしていました。忍術を教えてくれるとこはないかと調べたり、手裏剣大会の参加を検討したり、伊賀あたりまでいってはわくわくして、
忍者文字練習帳なるものも買ってテンション上がっていたのですがちょっとブームは去りつつあります…。

ごめんね、忍者…
「世界初の忍術もできる写真の先生」…子供と外国人に大受け間違いなしだったんだけどね…また5年後くらいにブームがくればトライしてみます…

みんなの「気になる」も教えてね!
by nana-photoroom | 2011-09-15 11:35 | とりとめもない話

とびら、上半期の授業おわりました。

e0175258_14441152.jpg

この仕事をしていると、出産や結婚、1歳のお祝いなどの撮影をはじめ、素敵な報告やおしらせをいただくことがとても多いです。(カフェブログに記述があるのですがうちにくると子供を授かるという都市伝説があるそうです)

先日写真教室のあとに、ある生徒さんから新しい夢に向かって一歩を踏み出そうとしている強い決意を含んだ報告(相談)をうけました。

それは僕にとっても、すごくうれしいことでした。そしてその後に、別の生徒さんからもとても素敵なメールをいただきました。

写真を撮ること自体も好きだけど、その周辺にある、写真から派生した素敵な人の繋がりを見ていることがもっともっと好きです。
この写真教室やうちのお店が、はじまりの場所になれたらうれしいな。

「写真とわたしにできること。」ぼくの中のおおきなテーマ、まだまだできることはあるはず。

初心者の写真教室「とびら」は今月で前期の授業はおわり、いよいよ折り返し地点。

5期生のみなさん。本当にお忙しい中、毎月の課題ご苦労様です。今月の課題にもすべての写真に気持ちがたくさんこもっていました。感謝します。

もう少し一緒に写真で遊んでくださいね(笑)楽しんでいきましょう!

来月の課題は「ポートレート」です。Fight♡
by nana-photoroom | 2011-09-14 11:06

ワークショップに参加してきました

e0175258_1739228.jpg
大阪、十三にある素敵な写真ギャラリーBloom Galleryさんによる、マット制作のワークショップに参加してきました。

今日はLaboメンバーに混じってぼくも生徒。ひさしぶりの、「教わる」体験に最後までテンションあがりっぱなしでした。

ブックマットやオーバーマットの違いや計算機を使って製図を作って、枠のサイズを決めていく。
マットを切る作業はちょっと難しかったけど、工作みたいでわくわく。仕上がった作品をギャラリーの壁に展示して鑑賞して一同感動。やっぱりきちんとフレームに入れるだけで作品が5割増しくらいにみえます。

いつも授業で言ってますが撮影が終わって安心してはいけません、まだ半分。
現像段階での微調整、必要ならレタッチ、プリントアウトに額装。余白のとりかた、紙やフレームのチョイス、ここでもセンスが問われる。

これらすべての行程を最後まできちんとイメージをもって写真を仕上げる。デジタルカメラだからこそ丁寧に最後までfinishしないと。
改めておもいました。

Bloom Galleryの窪山さん、ご指導ありがとうございました。

すごく楽しかった〜。
by nana-photoroom | 2011-09-11 17:50 | 写真クラブ