ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

直島旅行レポート

e0175258_13265450.jpg


長い時間、なかなかブログもアップできておらずほんとにすみません…
今日は9月のはじめに行った合宿のレポート、ようやくアップします。
(順に、写真教室「とびら」メンバーの課題の写真やロケの様子、アップしていきます。
待ってくれているみなさん、大変ご迷惑おかけしております。)

さて、今日のブログは先月一泊二日での写真教室、直島旅行の報告です。
ざっくりではありますが旅の足取りを追っていきたいと思います。

雨にはあわなかったものの
二日間気温は35度を超え、ほんとに暑い暑い二日間でした。
貸切バスとはいえ、けっこう歩いてまわる場所も多く、
みなさんほんとにお疲れさまでした。

(ぼくは小学生以来のサングラス焼けをし、パンダのようになりました。)

初日は直島に。朝6時15分に大阪の鶴橋に集合ということで
かなり朝もはやかったにもかかわらず、みんな無事に時間通りに集合していただきました。
バスの車内では実行委員のN氏が企画してくれたゲームなどを。
(いろいろご準備ありがとう!!)
座席の右側が鳥さんチーム、左側はうさぎさんチームでクイズバトル!

e0175258_13334892.jpge0175258_13335729.jpg


バスの運転手さんのとっさのルート変更が功を奏し、
予想より1時間もはやい岡山県宇野港のフェリー乗り場に到着!!
芸術祭の旗が出迎えてくれます。

e0175258_1338793.jpg


時間もあったので宇野港に展示してあるひとつめの作品
淀川テクニックの「宇野のチヌ」まで歩きます。
朝早く起きた身に、日差しがこれでもか!!とふりそそぎます。
おもしろポーズも飛び出したり、撮影大会したりで時間を過ごします。

e0175258_1447797.jpge0175258_12393029.jpge0175258_14473311.jpge0175258_14474348.jpg


そしていよいよフェリーに乗船。クーラーのきいた2Fの部屋には入らず屋上にあがる!
普段なかなか船に乗る機会のない、奈良県民のわたしは興奮しっぱなし。
フェリーってロマンがありますよね、ドキドキします。
e0175258_14501165.jpg

15分の短い船旅、もっと乗ってたいなあ。
あっというまにフェリーは直島に到着です。
e0175258_14515632.jpg


みえてきました直島の玄関口、海の駅なおしまです!!
前回下見で訪れたときの何倍ものひとひと人!!びっくりです。
こんなに人であふれてたっけ??
お土産物やさんを覗いても、芸術祭のTシャツをはじめ、商品も品薄状態!
e0175258_1455127.jpg



まずは大混雑が予想される「地中美術館」に整理券をとりに直行します。
(芸術祭期間中は、普通に行ってもすぐにはいれないんです…)
予定通りの時間帯の整理券を確保できて一安心。
その足でベネッセハウスのテラスレストランでバイキングにむかいます。

とても暑かったので、ベネッセハウスさんのご厚意で
普段は宿泊している人しか入れない敷地内をとおってレストランに向かったのですが、
途中、杉本博司の作品展示の横を通っていくことになり
ラッキー♡と作品もちょっぴり鑑賞していく。
見逃した人もいるのかな?杉本さんの作品とっても貴重なんですよ。
(日本で一番、1枚のプリント作品の値段がお高い人です。)

海の見えるテラスレストランでバイキングを。
クリームブリュレがおいしかった!
e0175258_151481.jpg


そしていよいよ地中美術館へ。
安藤忠雄さんの建築で、建物のほとんどの部分が地中に埋まっています。
この美術館は、3人の作家の作品だけを恒久展示しています。

自然光を取り入れた美術館で、空間そのものの美を追求しているので
1度に入場できる人数も制限しているようです。(以前はもっと鑑賞条件が厳しかったようです)
何度見ても、モネの睡蓮の間はとても美しかった。

そろそろ次の場所へ。地中美術館を後にして本村地区へバス移動します。
e0175258_1502843.jpg


ここは家プロジェクト※が点在する地区で、ここで自由時間を。
(※本村地区の空き家をベースに作品展開するプロジェクト)
4つ見れた人もいれば、ふたつに絞って海ぞいをのんびり散歩した人、いろいろだったようです。
途中にちょっとした仕掛けや、遊びごココロもいたるところにあって歩いてるだけで楽しい。

e0175258_12442493.jpge0175258_12461014.jpge0175258_12462823.jpge0175258_12464357.jpge0175258_12502581.jpge0175258_12514039.jpg


その後、港のある宮浦に戻ってここでも自由時間を過ごします。
I♡湯に入る人、、お土産を買うひと、赤いカボチャで記念撮影する人、
おもいおもいに時間を過ごします。

ぼくはというと、ソフトクリームを食べながらあしたのチケットの手配などしてると
海の駅の広場でジャズの生演奏の音が聞こえたので、
しらないおばあちゃんと「いいね〜」と一緒に聴き入ってました。
やがて日が沈んでいきます…

そろそろチェックインの時間です。
宿泊場所は、海のまんまえのつつじ荘に。海の真ん前、絶好のロケーション。
今夜はここでバーベキューですよ、みんなでかんぱーい。
夜には大人もこどももまじって花火もしたよ。

e0175258_1754929.jpge0175258_1755782.jpg


e0175258_1782345.jpg


部屋はそれぞれ、
和室コテージと、トレーラーハウス、パオに分散して泊まりました。
語り合ったり、ギターを弾いたり、散歩したり
あまりに疲れて子どもの時間くらいに眠ってしまう人も(笑)


男性メンバーはパオで眠りました。
パオの中はけっこうオリエンタル☆思ったより快適でした。




真夜中、ふと外に出ると、空には満点の星空が広がってました。
見れたひといるかなあ?
それでは、おやすみなさい…

…チュンチュン、朝ですよ。おはようございます。
今日もスカッといいお天気!!暑くなりそう!
朝6時くらい。目がさめると、
既に海岸沿いを散歩してる人や、子どもちゃんは水着を着て海に入ってました。

e0175258_1722591.jpge0175258_1723818.jpg


二日目は豊島にゆきます。
船で20分ほどの島です。
なつかしい雰囲気の食堂で朝食をさっとすませ、つつじ荘をあとにします。
宮浦の港までバス移動。
ここからは高速船で移動です。波をつっきっていく音が大きくて話し声は
ほとんどかき消されるからジェスチャートークで。

e0175258_17271630.jpge0175258_17272620.jpg


豊島は、美しい自然に囲まれて、直島とはまた違う風土をもつ島。
過去に、不法投棄などで自然破壊など負の歴史とも立ち向かった島。
今回こうして、美しい自然と芸術を鑑賞しながら旅ができることは
それはとっても素晴らしいこと。
e0175258_15383889.jpg


まずは炎天下を歩いて横尾忠則さんの展示を見に行きます。
がんばれがんばれ。
e0175258_15444170.jpg


途中、日本の原風景のような景色が広がってとても美しかったのですが
とても暑くて、みなかなり疲労困憊、、、お疲れさまでした。

そのあと移動で唐櫃岡地区へ。
さっそく青木野枝さんの作品「空の粒子」がお出迎え。

e0175258_1550238.jpg

この地区には、ほかに「ストームハウス」と「こんにちは藤島八十郎」の展示があります。
どちらも空き家を利用した作品で、
ストームハウスは、嵐が来てすぎさっていくまでを再現するインスタレーション。
建物が雷の轟音で揺れたり、停電したり。
もうひとつの「こんにちは藤島八十郎」は、藤島八十郎という架空の人物が
地域のために役にたとうと奮闘する姿をドキュメントしたもの。
人物設定が楽しく、張り紙や展望台など、みどころいっぱい。(下写真)

e0175258_2022599.jpge0175258_20231226.jpge0175258_20232797.jpg


そしてそろそろおなかも空いた頃…島キッチンへ。
前回も訪れて感動しましたが、ここはほんとに素晴らしい場所です。
外は炎天下なのに、ここはとっても涼しい風が通ります。
あまりの気持ち良さに横になって眠っている人もたくさん。
e0175258_20273621.jpg


おいしいご飯で疲れたからだを癒して、次の場所へ。
唐櫃浜の港から、クリスチャン・ボルタンスキーの展示がある場所へ。
すこしばかり歩きます。
彼の展示場所は車の入れないところにあります。
ちいさな美術館へむかう道を、彼は「巡礼の道」と話していました。

e0175258_20322941.jpg


作品は、「心臓音のアーカイブ」。
世界中の人の心音を録音し、その心臓音にあわせて電球が明滅する作品です。
作品はもちろんですが、
ボルタンスキーの展示場の目の前の海は、時間がとまったように静かだった。
この海で集合写真をとりたくて、みんなに無理を聞いてもらって集まってもらいました。
全員でジャンプ!の写真も撮ろうと試みたのですが
さすがにこの人数ではバラバラで、無理でした(笑)
みなさんありがとう。

e0175258_20351862.jpg


この瀬戸内国際芸術祭は、テレビや雑誌でも多数取り上げられ大盛況だったようですね。
10月の中旬、うちのスタッフのAちゃんが出かけたところ、
地中美術館すら入れず、あまりの人でほとんどの展示も見れなかったとか。

この芸術祭を成功させるために、島の人々、実行委員会やボランティア、
役所や観光協会、フェリー会社など、
多くの難しい問題を抱えながらも頑張ってこられたんだと思います。
途中、旅行の中でトラブルもあり、すこし残念な思いもありましたが
今後さらに素晴らしい芸術祭へと作り上げていっていただけると思います。
(大きな期待をこめて…)
各地で様々なアートイベントが開催されていますが
規模や地域との融合、見応え、瀬戸内国際は素晴らしかったと思います。
みなと一緒にまわることができてよかったです。

写真教室をはじめた時からずっとずっと開催したかった写真旅行。
生徒のみなさんはもちろん、快く送り出してくれたご家族のみなさまの厚意により
こうして実現することができました。
無事にこの旅を終える事ができて、感謝の気持ちでいっぱいです。

実行委員のみんなも、いろいろ手伝ってくれてありがとう。

はじめて企画した合宿だったこともあり、いろいろ行き届かないことや
ご不便もおかけしたかと思います。
でも一緒にみんなと旅ができて、一生の思いでができました。ありがとう。

事故もなくみなが無事に帰ってこれてホッとしたら泥のように眠っていました(笑)
みなさんほんとうに暑い中、お疲れさまでした。」

また来年も合宿、企画できたらいいな…

P.S
今回撮った写真で、一冊のちいさな写真集を作りましょう。
みなさんでそれぞれ画像を、ネット上でアップしていただきますのでどうぞよろしく。
またログインパスワードなどのメールを送信しますのでしばらくお待ちください。
by nana-photoroom | 2010-10-27 16:47

10月の授業日

10月の写真教室の授業日です。
10月の授業はロケです、ちょっと遠出します。遠足ですよ。
行き先はクラスによってちがいますのでご確認くださいませ。

□Aクラス(水曜クラス)
日時:10月13日(水)11時に国際美術館集合
内容:国立国際美術館「マン・レイ展」の作品鑑賞。
   +周辺の散策
持ち物:カメラ、筆記用具、雨の場合は雨具、歩きやすい服装で
    
※食事はちかくのお店でランチをとりますのでお弁当はいりません。

□Bクラス(金曜クラス)、Dクラス(月曜クラス)合同
日時:10月18日(月)10時にナナツモリ集合、車乗り合わせでいきます
内容:室生山上公園+室生寺周辺
持ち物:カメラ、雨具、お弁当(生徒さんの提案で、全員でおかずをわけわけするそうです。
ごはん(おにぎり)やパンは自分のぶん、おかずをひとり一品。)

□Cクラス(土曜クラス)
日時:10月16日(土)9時半にJR山崎駅集合
内容:大山崎山荘美術館+サントリーウィスキー蒸溜所見学
持ち物:カメラ、お弁当※、雨具、レジャーシートなど。
※お弁当は大山崎山荘の庭園内でとります。

各自、自分のクラスの内容を確認してください。
また、今回に限りすべてのロケ先が違うので、
時間の都合がつくようでしたら他クラスのロケに参加していただいてもOKです。
(追加の料金などはかかりません)
「この展示会ちょうどいきたかった!」などあれば気軽に飛び入り参加してください。
人数を把握したいので、参加する場合は必ずタムラまで連絡ください。

場所によって多少前後しますが、現地で2時〜3時くらいで解散の予定です。
それでは、たのしい遠足にしましょう!
by nana-photoroom | 2010-10-10 18:29