ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ぽっかりあいた1日

e0175258_2041831.jpg


卒展もおわり、
フッと頭をあげると桜が咲き始めていて、なんだかちょっと焦ります。
3月から4月にかけて、気持ちの切り替えが難しいときでもあります。
毎年4月はちょっとドキドキしますね、はじまりの季節ですもんね。
あわてて失敗しないように、気をつけないと(笑)

今日はちょっとボーッとしてしまう瞬間が幾度となくありました。
集中力が足りないというか。
こういうのは今日だけにしよう!

4月からもみなさんと一緒に楽しいことを探して写真を一緒にできたらいいなあ。

個人的には訪れたことのない場所に行ってみたり(温泉とか鍾乳洞とか)
食べたことないものを食べてみたり(見たこともない魚介類とかキノコとか)
好奇心で心を満たしながら、冒険してゆきたいなあと思います。

またみなさんの話をたくさん聞かせてください。
この春からもどうぞよろしくお願いします。

【写真教室「とびら」第4期生募集状況】
水曜14:00〜のクラスが定員に達しました。
いま空きがあるのは残すところ第3月曜10:00〜のクラスだけです。
こちらも残席あと2となっております、おはやめに☆
by nana-photoroom | 2010-03-31 20:29

ありがとうございました

e0175258_20332376.jpg


「みんなのうちゅう」展
本日無事にフィナーレを迎えることができました。

開催期間は8日間、
期間中本当にたくさんの方々にご来場いただきました。
たくさんのお褒めの言葉をいただき素直にうれしく思うのと同時に、
予想以上の反応に驚き、写真の持つ力や存在感、
影響力がこんなにもあるのかと、身が引き締まる思いもありました。

この写真展を監修し、写真を広く発信する仕事についているものとして
大きな責任も感じました。

でもやっぱり期間中は本当に楽しくて
多くの方々とお話をさせていただいて、またひとつ世界が広がりました。
そして自分自身もまた、新たな夢ができました。

この卒展を持って、「とびら」第3期生の1年間の教室は修了となります。

まだまだ未熟な私に、
一年間笑顔でおつきあいいただき本当にありがとうございました。
どれほど救われたことでしょう。

たかが写真教室と言う人もいるかもしれませんが
一生懸命に情熱を持ってひとつの目標に向かって努力し、取り組むことは
やっぱりとても素晴らしく、美しいことだと思います。

当たり前の暮らしの中には、ハッピーの断片がいっぱい隠れています。
それを見逃さず、見つけたときは最高の笑顔でシャッターを切ってください。
大好きなものや人を、愛情いっぱいに写してください。

何気なく暮らす日常は、小さな幸せの連続でできていることを
きっと写真は教えてくれると思います。
僕はこれを生徒のみなさんから学びました。

みなさんと出会えて本当に楽しかったです。
一年間、お疲れ様でした。

「みんなのうちゅう」展にご来場いただき
ほんとうにありがとうございました。

愛と感謝を込めて。
ありがとう。


おわり
by nana-photoroom | 2010-03-29 20:40

ひとり写真展

e0175258_23564738.jpg

いよいよあしたでフィナーレです。
いま、夜の誰もいない会場でひとり各作品をぐるりと見てまわる。
卒展スタート前夜と同じように。
はじまりとおわりでは、こんなにも違うものなのでしょうか。
これができるのはもう今夜でさいご。

楽しかったなあ、
ほんとに楽しかった。
後悔することはなんにもないです!ありがとうありがとう。

最後の1日、月曜日ではありますが
どうぞ遊びにきてくださいね。
by nana-photoroom | 2010-03-28 23:59

「みらい」の由来

e0175258_19523890.jpg

この卒展期間中に楽しいこと。
生徒さんのご主人様やこども達に親御さん、
普段なかなかお会いする機会のない生徒さんのご家族にお会いできること。

とっても嬉しいです。
今日もたくさんお会いできました。

中でも、今日はこどもたちと一緒に一眼レフで写真を撮って遊びました。

こどもたちが自由に直感的に操作できて、そしてぶつけても大丈夫な
安くてシンプル機能の一眼レフを作りたいなあ、というのがひとつの夢です。
(ぼくはこれを「こどもカメラ」と名付けてます)
いつかほんとに作りたいです。
実現できたらいいなあ。
キヤノンさん、ニコンさん、オリンパスさん…、ペンタックスさん、、、(きりがないなあ)
一緒にやりませんか?ずっと言ってるんですけどね、(笑)

こども写真教室「みらい」、人数が少なくなってしまいそうで
今期はちょっと見送ろうかな、と思っていたのですが
すごくやってみたい!とこども達からのラブコールをもらって
実現できることになりそうです。
こどもたちと一緒に写真ができるなんてほんとに夢みたいです。
しかも、こどもたちが自分たちで「やりたい!」と思ってくれたことが嬉しいです。

もうすこし空きがありますので
やってみたいこどもたちがいれば一度お問い合わせください。

実はこの「みらい」というクラスは「未来を写したこどもたち
という映画からこの名前をつけました。以前少しご紹介したと思いますが、
かんたんな説明を。

この映画はインド・カルカッタの売春窟で生まれ育った子どもたちが、
カメラを通して外の世界へと飛び出していく姿を追ったドキュメンタリーです。
ニューヨークで活動する女性写真家ザナ・ブリスキが
子どもたちに写真を教えるだけではなく、多くのチャンスを与えようと奔走する物語です。
作中にはこども達が撮影した写真がたくさんでてくるんです。
床にプリントした写真を並べて、「ここの構図がよくない」と
真剣に合評していたシーンがとっても印象的でした。
(先生も意外に厳しい!)

ぼくはこの映画がきっかけになって、こども達と一緒に写真をやってみたい
と思うようになりました。そして今回ようやく機会をいただけることになりました。

写真の素晴らしさ楽しさを伝えて、そして一緒に感じて
こどもたちの未来に少しでも何かを残してあげられたら、と考えています。

写真に何ができるか、どんな力があるのか。

ただ写真を教えるだけでなく
そこから先の人生が光り輝く希望で溢れてることを
写真を通して教えていけたらいいなあ。
毎日がこんなにも愛おしいんだよってことも。

これは一生かけて取り組んでいきたいテーマでもあります。
そしていつか、こどもたちだけの写真展をやりたい!と思っています。


この映画に興味をもたれた方はTSUTAYAにダッシュです!(笑)
本数はあまりないかもしれませんが、ぜひご覧になってください。

今後は学校なんかでも教えていけたらいいな、と密かに思っています。
(準備が整ったら…)
またそういうチャンスがあればぜひ教えてくださいね。

卒展も残すところあと二日。
明日は最後の日曜日、こども達にもぜひ見てもらいたいです。
ご来店お待ちしています!
by nana-photoroom | 2010-03-27 19:53

絵を描く

e0175258_1516740.jpg

先日、仕事の合間のほんの10分の間に
すごい勢いで絵を描いてしましまいました。

たぶん目は血走ってましたね。

「絵を描きたくなった」なんて一見かっこよく聞こえますが
書いたのは所詮こんなんですからね(笑)

これ、こども受けも非常に悪いんですよね。
「気持ち悪い」「これ以上書かないで」と。

でも高校くらいからこの書き方をあみだして(?)、染み付いてしまって
もうこういう絵しかかけないんです。
写真とおんなじで人の顔ばっかりです。

書いてるときはすっごい楽しいんですけどね。
一部のマニアなファンの方のため、たまにここでだけ載せていきます。
生理的に受付けないかたは、
ページをひらいた瞬間にこの絵がでてきたら、すぐに閉じてくださいね!
傷は浅く済むことでしょう。

へたでも未熟でも、楽しいことをしたいですね。
楽しむことが一番!・・・でもやるからにはちょこっとうまくなりたいですよね、
生徒さんの気持ちがわかります・・・(笑)

今日もお越しくださいましてありがとうございます。
卒展も折り返しのこすところあと3日、寂しいなあ。。
何度でも遊びにいらしてくださいね。
by nana-photoroom | 2010-03-26 17:38

あめの日のつぶやき

e0175258_18551517.jpg

1日中雨の音がする会場でした。

ぼくは、雨の日の車内で考え事をするのが大好きです。
車内の音楽、雨の音、ワイパーの音、ウインカーの音、
すべてのリズムがオーケストラのようにひとつになって、
すると頭上から、言葉やら感情やらアイデアやらが降ってきて
…そして次にやるべきことがきまる。(決意する)

仕事の目標とか自分自身のこととか、だれかのこととか。
ということがほんとうによくあります。

今までも、こうやって方針を決めてきたように思います。
だいたいのことを直感で。なぜかぼくは、その選択に絶大な信頼を置いています。
おかげで、失敗もたくさんしましたが(笑)

でも、感じる力は大事だと思います。
だから雨の音や風の音や人の声をちゃんと逃さずに聞かなきゃいけませんね。
感じることは、そのまま「生きる」ということだと思うので。

そうだ、雨になると決まって聴く曲は
ちょっと古いけどGuns&Rosesの「NovemberRain」です。
ボーカルのアクセル・ローズのしゃがれた声?が女性には不評だったりするのですが
ぼくはとてもかっこよくて好きです。
あとは、Eric Claptonの有名な曲「Tears In Heaven」とか雨が似合いそう。
どちらもロマンティックです。

みなさんは雨の日にどんな音楽を聞いてますか?

JAZZもロックもクラシックもそうですが、ジャンルに関わらず音楽家は
みな一様にロマンティストですよね。写真家もそうかも。

表現者、そして教育者はロマンティストであってほしいです、
個人的にそう思います。
ロマンティストの言葉には、希望がありますからね〜。

雨とか夜とかは、地球や人間にとってなくてはならない現象だろうから
ぼくとおなじように世界中いろんなところで、いろんな人が
何かを感じたり、反省したり、泣いたりしているんでしょうね。

案外そうして決まったことが、世の中のルールや道徳になっていたりするのかも。

またあしたもがんばろう、って思いますね。
みんなといっしょに生きているんだ!って。

今日はいつも以上にまとまらなかった!!すみません。

写真展、雨の日もまたいいです、ゆっくり見れます、
明日もお待ちしております。
by nana-photoroom | 2010-03-24 19:19

展示案内

e0175258_19362559.jpg

今回からの試みとして、
ご来場いただいたお客様に、「展示案内」をお渡しさせていただいてます。

ネームプレートにある番号とこちらの冊子を参照して、
展示作品を見てまわってください。
ここには、生徒さんそれぞれの一言メッセージが書いてあります。

この文章と照らし合わせてみていただくと
作品への見方や作者の思いがつまっているので
よりいっそう楽しんでいただけると思います。

本来、写真展には文章はせいぜいタイトルだけでいい、
と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。
でも、かしこまって見る写真展もいいのですが
作品によっては触れてみたり、音とあわせて見たり、
ぼーっと眺めてみたり、作品について意見を交換してみたり。
うちの作品展に関しては、もうちょっと自由でいいのかなと思って作っています。

作る方もはじめて、見るほうもはじめて。
そういう展示です。どうぞ肩の力を抜いてご覧下さいませ。

「写真とは?」なんて難しいことはわからないけど、
とにかく好き!、楽しそう!やってみたい!とか、
そういう直感の部分で感じていただきたいです。

なので、この冊子の生徒さんの言葉を見て写真を見ると、
ほんとに撮影者の気持ちがわかるし、写真が素直に入ってきます。
是非みなさまご活用くださいね。(数に限りがあります)

さて、今日で怒濤の3連休が終わりました。
本当にたくさんの方々にご来場いただきました。
時間帯によっては会場が混雑したり、駐車場も満車状態で
ご迷惑をおかけしたこともあったかと思います、申し訳ございません。

そして明日火曜日は当店定休日となっておりますのでご注意くださいませ。
水曜、木曜は18時まで、金、土は夜10時まで営業しております。
ご不明な点などございましたらお問い合わせくださいませ。

【追記】
mixiに、「ナナツモリ」のコミュニティができました!!
パチパチパチ☆
作ってくれた人がまたとってもびっくりで、でもとっても嬉しかった。
ありがとう!!
mixiをされてる方、生徒さんはもちろん当店に興味を持ってくださった方々
是非是非コミュニティにご参加くださいね☆「ナナツモリ」で検索してみてください。
やったーやったー。
あ、ぼくも今日登録したので探してください、すぐわかるはずです(笑)
by nana-photoroom | 2010-03-22 19:57

ネームホルダー

e0175258_20513562.jpg

会場では、ぼくは「講師」、生徒さんは「Staff」のネームホルダーを
首からぶらさげています。

今回の卒展にあわせて、アス〇ルでネームホルダーを発注し、
生徒さんがつける「Staff」のぶんは、透明のホルダー(150円くらい)なのに
やっぱ先生だし見栄を張らないと!と、自分のぶんだけ本皮(980円)のやつを
悪いことを考えて発注したら(笑)革のものだけまさかの欠品!

「ばちがあたったんや~」

なんて生徒さんに話してたら、Mさんが今日
革のネームホルダーを作ってきてくれたんです!!!ヽ(^o^)丿
嬉しいなあ、嬉しいな。

わるいこと考えたというのに、いいことがおこりました。

講師たむらひろし
にみなさまどうぞはなしかけてやってくださいね。
今日もほんとうに本当にたくさんの方のご来場ありがとうございました。
by nana-photoroom | 2010-03-21 13:45

すたーと

e0175258_23181039.jpg


すごい風ですね。扉をあけると入り口付近の雑貨がビュッと飛んでいきました。
そんな風の強い汗ばむ日に、今期の卒展は幕開けです。

自分の作業も含めてぎりぎりのタイミングで動いていて、間に合うだろうか!
とただただ前を向いて仕事をしてきましたが、
「みんなのうちゅう」展、無事にスタートすることができました。

これもすべて、サポートしてくれた写真教室のメンバーやスタッフたちのおかげです。
妥協せずに、細かいところまで考えて準備に集中できたのも
地道な仕事や手間のかかる作業をみんなが手伝ってくれたからです。
ほんとにありがとう!!

最初はゆっくりな出だしでちょっと不安でしたが
夕方から夜にかけてたくさんの方に来ていただき、
みんなの写真を、ほんとに時間をかけてじっくり見てもらいました。

やっぱりお客さんから生の声を聞けるのがとっても嬉しいですね。
そして生徒さんをお褒めいただいたら、自分が褒められたみたいに嬉しい!!

一番びっくりしたのが
まだ小学校1年生の女の子が、写真展を見てすごく写真に興味を示してくれて
素晴らしい感性のメッセージを残してくれたこと。
そして帰りぎわ、
「空や花の写真をたくさん撮りたい、今度撮ったら見せにもってくるね」
「写真教室に通いたい」
といって軽やかに階段を下りていきました。

写真表現が、こんな小さなこどもたちにも
「わたしもやってみたい!!」と思わせたんですね。

たくさんのひとと、とにかく写真の話ばかりをさせていただいて
とにかく楽しくて楽しくて。今日1日で疲れも吹っ飛ぶくらい、楽しかった。
写真てほんとにすごいんだなあ、と改めて感動していました。

29日まで、こんなドキドキワクワクする毎日が続くなんて。
ワールドカップが開幕したみたいだ。
なんだかすごいご褒美をもらってる感じです。
ほんとに、みんなのおかげですね。ありがとう。

最近ずっとこのブログも卒展の話ばかりですみません。
1年でこの期間だけ、ですのでお許しくださいませ(笑)

明日も天候よくないみたいですが、お会いできるのを楽しみにしています。
ちなみに、明日の営業は通常通り18時までとなっております。ご注意ください。
by nana-photoroom | 2010-03-20 23:22

はじまるよ

e0175258_18103396.jpg

ただいま準備の真っ最中。
いよいよ明日から、
ナナツモリ写真教室「とびら」の卒業写真展「みんなのうちゅう」がスタートします。

上の絵は、「卒展ぼうや」といいます。今回の卒展のイメージキャラクターです。

・・・うそです。
ごめんなさい。
作品をつくるとき、きっとみんなこんな感じなのかな、と。(笑)

冗談はさておき、
写真教室「とびら」メンバー最後の課題が、この卒展です。
この写真たちをみた方からどんな反応がかえってくるのでしょうか、、、
これは授業での合評の延長です、ドキドキしますね。

全員の作品に添付するネームプレートも
たぶんみんなの予想以上に作者写真が大きいので
きっとブーイングがでるのでしょうが、
みんなのかわいい顔、かっこいい顔を見てもらいましょうね。

ようやく会場全体の雰囲気が見えてきました。
毎年かわらないこのドキドキ。

どうか来ていただける人に喜んでいただけますように・・・。

明日11時スタートです。
お車でお越しのお客様は、駐車場に限りがございますので
なるべく乗り合わせの上、ご来場いただきますと嬉しいです。

期間中、時間によっては生徒さんも滞在しております。
「staff」の札を首から下げているのは生徒さんです。
じゃんじゃん質問してあげてください。

もちろん、ぼくもおりますので、
作品への質問や写真教室についての質問、
また写真やカメラに関するお話、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。

それでは、会場でお会いしましょう。
by nana-photoroom | 2010-03-20 01:52