ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「写真のみかた」

e0175258_20191785.jpg

写真教室、今月は「写真の見方」という授業でした。
(写真クラブでも同様の授業をしました)

写真の技術的な話からはちょっと外れるけど、
それぞれが写真をどういうふうに捉え、考えていけばいいのか。
そういった、「写真を撮る上でのヒント」の一端を感じ取ってほしかったのです。

どんな内容の授業だったかというと

タイトル、作者名を伏せた写真集(雑誌)を三冊見せて、先入観なしで、
①この写真の第一印象
②この作品集を好きか嫌いか、またどちらでもないか。その理由も。
③あなたがタイトルをつけるとしたらどんなタイトルにしますか?

という設問を設け、みなさんに考えていただき意見を出しあってもらいました。

ちなみに今回お見せした作者、タイトルはこちらです。

□森山大道 雑誌『PHOTO GRAPHICA』から『Daido Digital』
□佐内正史 『生きている』
□十文字美信 『感性のバケモノになりたい』から『首なし』

(リンクは貼れないので、興味をもった方は是非検索してみてくださいね。)



同じ写真を全員で見て、どんな意見が出てくるのかすごく楽しみにしていたのですが、
やはり、ひとりひとり個性や好奇心の強さ、経験値、様々な要素が作用して
多くの感想を聞くことができました。

授業最中にもお話しましたが、今回僕が一番伝えたかったこと。

それは、
「自分の好き嫌いだけで、その作品(や対象すべて)を評価しないでほしい」
ということ。

「この写真は私の好き系じゃないから」
「意味がわからない!」
と本を閉じてしまわないでほしいんです。

みなさんが好きなもの、興味があるものって
世界中にそんなにたくさんあるでしょうか。
すごく小さな「点」でものごとを見て、好き嫌いや善悪を
決めてしまったりはしていませんか?

まだ自分が知らない表現世界や価値観、
無限に広がる宇宙はすぐそばにあるのに、
その可能性を自らの手で閉ざしてしまうなんて勿体ないじゃないですか。

これはきっと写真だけではありませんよね。

わからなくてもいい「見る」ことが大事なんじゃないかなって思ったんです。
特に芸術という分野は、一見難解に思えますが
実は誰にでも門戸を開いていて、解釈も鑑賞方法も本来自由なはずなんです。
じっと作品と対峙してみると、作者のうちなる「声」が聞こえてきませんか?

なぜ、作者はこの作品を作った(撮った)のか。
どんな思いで、またなぜ「写真」でなければいけなかったのか。

自分の範疇だけで判断せずに、わからなければたくさんの意見を聞き
同じ作者の別の作品集を読んでみたり、時代背景を探ってみたり。
もう一歩だけ、歩を進めてください。

その上で「好きじゃない!!」なら全然OKじゃないですか!


今回のお話は、上の写真のように
僕もまだ「ぼんやり」した中で言葉を探しています。

何を隠そう、僕はこの分野に関してはけっこう疎いです。

だけどあるきっかけで、知りたいな、って思うようになりました。
知ることはちょっとずつに、「まずは感じよう」と思ったんです。

えらそうにみなさんの前でお話してますが、このお話はまるで僕自身への戒めのよう。
ここには今現在、31歳の僕があるだけで、それ以上でもそれ以下でもないのです。
だから、深読みや詮索はやめようね。(笑)

これからも、みんなと一緒に写真を通して
様々な発見や実験、検証を重ねて
感動したり、びっくりしたり。
みんなにとって、ハッピーな写真を追求できたらいいなって思います!

今月もお疲れさまでした。
来月の授業日、内容は追っておしらせしますね。
by nana-photoroom | 2009-10-29 20:39 | 写真クラブ

ビッグミニの力

e0175258_178056.jpg


写真の雰囲気がいつもと違う!とお気づきの方も多いはず。
お店でトイカメラやフィルムを扱うようになったので
やはり、自分で試してみなきゃわからない!ということで
先日、試写をしてきました。

トイカメラの写りも、思いのほかよくってすごく満足してます。
そのへんのお話は、また別の機会に・・・。

で。
今回載せる写真はトイカメラではなく、昔学生の頃に買った
「コニカ ビッグミニ」というカメラを引っ張りだしてきて撮影したもの。

このカメラは一眼レフではなく、安い普通のコンパクトカメラです。
写せば撮れる、という簡単機能。本当の意味で構図だけに集中できます。
この写りがおもしろいのです。
あらためてこのカメラのパワーに驚きました。
もちろん、写りはチープですが、トイカメラよりもしっかり写ってくれる感じ。
これからプライベートではこのカメラを持ってゆこう!と決めました。

あ、フィルムはうちで扱っている 中国の「ラッキー」というフィルム。
あまりお店では売ってないような。なくなり次第終了とのこと。
(これが思いのほかいい!)

e0175258_17135872.jpg

e0175258_1714732.jpg

e0175258_1739126.jpg

e0175258_17142111.jpg

e0175258_17143237.jpg

e0175258_17144261.jpg

e0175258_17145595.jpg

e0175258_1715772.jpg

e0175258_1715173.jpg

e0175258_17154345.jpg

e0175258_1715553.jpg


フィルムカメラ、抜群に楽しいです。
ぼやけてたり、どうしようもない失敗写真があったりしますが
なんだか許せてしまうような。
現像を待つ間とか、乙女のようにときめきますもん(笑)


先日、写真教室の生徒さんから、
「中判カメラ、買いました。ドキドキしてます」とメールが届きました。
みなさんがよく知っているものとはフィルムサイズの違う、大きいカメラです。
とってもキレイに写ります。(上の写真とは比較にならないほど。)

女性の生徒さんですが、フィルムカメラの写りにはまったようです。
昔高価だった中判カメラも、商品によっては手に届くお値段になってきました。

デジタルカメラの即効性に比べたら
重いし、枚数も撮れないし、フィルム代現像代かかるけど、
「写真を撮る」行為そのものが素晴らしく楽しいものだと教えてくれます。
フィルム独特の色あいも楽しめます。
デジタルとの併用で使い分けるのもいいんじゃないでしょうか。
どっちもいいところがあって、甲乙つけられません。

じゃあそんなカメラどこで買えばいいの!?
・・・またこちらで、いくつか有名どころの中古カメラ屋さん紹介しますね。
(トイカメラは、うちでどうぞ♡)笑

「撮ろうかな・・・いや、ここはもったいないから撮るのや〜めた!」
ちょっと忘れてましたこの感じ。
一枚一枚を丁寧に撮りましょうね☆
by nana-photoroom | 2009-10-25 17:32 | 写真にまつわるお話

写真室リニューアル無事とどこおりなく

e0175258_17413352.jpg


ご無沙汰しております・・・(バツが悪いです・・・)
こちらのブログ、ずいぶんと滞っておりましてすみません、
先日の授業でも生徒さんに
「先生全然更新してくれない〜」
との声をいただきまして。

ずっとずっと気になっていたので今夜更新します!

10月14日ようやく写真室リニューアルを無事に迎えることができました。
途中目がうつろになりながらも。(笑)
まだまだアイテムは少ないですが
写真好きの人だけでなく、そうでない人も
たくさんの人に遊びにきていただきたいなあ。

撮影や授業がないときは
こちらの雑貨コーナーにいますので、写真のことあれこれ、どんどん聞いてくださいね。
「写真で繋がっていく」そんな場所がやっとできたような感じです。
この場所でお話できる機会を楽しみにしています。

そして、七ツ森写真室のパンフレットもリニューアルにあわせて初めて作りました。
デザイン担当の明日香氏と意見を戦わせながら
かなり時間をかけてこだわって作りましたので是非手にとってやってください。
(ご希望のかたには郵送いたします)
新しいHPはリニューアルには間に合いませんでしたが近いうちにアップします。
パンフレットとHPはデザインもリンクしています。

とまあ、あんなこんなでブログが更新できなかったんだよ、
という、なんてことのない言い訳ブログです。
つまらない内容ですみません...

写真にまつわるお話やお勉強など、
今後はもうちょっと頑張って更新しますので
心優しいみなさま、どうか見捨てずに・・・気長にお待ちくださいませ(T T)

【あと二つほど】
①七ツ森の写真教室が、今月発売のエルマガジンの奈良特集で
ちょこっとだけご紹介いただいてます。

②現在、蜷川実花写真展「地上の花 天上の色」
11月29日まで西宮市大谷記念美術館にて開催中です。
写真クラブでも来週行ってきます。
蜷川実花独自の色、世界は圧巻です。蜷川サンが好きなかたはもちろん、
そうでないかたにも、多くの人に是非見に行ってほしいです。
写真集もよいのですが、
彼女の写真は、プリントされた生の写真を見ることをおすすめします。
ちょっと足をのばして行ってみましょう!
by nana-photoroom | 2009-10-15 17:03

10月の授業日

e0175258_1258599.jpg


10月にはいりました、あっというまですね。

秋はきたる寒い冬への準備の季節、
そしてぼくたち写真屋さんはかきいれどきでもあります。
植物も人も星もこの季節から模様替えですね、私はまだ半袖ですが。

ゲイジュツの秋、各所で展覧会なども開催されています。
過ごしやすい季節ですし、この機会に是非足を運んで下さい。

写真教室「とびら」写真クラブ10月の予定です。

とびら
 □Aクラス 10月17日(土)10:00〜
 □Bクラス 10月7日(水)10:00〜
 □Cクラス 10月28日(水)13:00〜
 □Dクラス 10月9日(金)10:00〜
 □Eクラス 10月17日(土)14:00〜
 ※印10月度の授業内容はお楽しみに。持ち物はカメラ、筆記用具。

写真クラブ
 □10月26日(月)
  ロケ「蜷川実花写真展」詳細は追って連絡します。

 
by nana-photoroom | 2009-10-01 12:55 | おしらせでござる