ナナツモリ・タムラのblog。      「写真と遊ぼう」をテーマに      写真のはなしいろいろ。         僕の写真もすこし…。


by nana-photoroom

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夏だし、怖い話風

夏に入って、テレビなどでちょこちょこ怖い話の特集なんかもやってますね。
今夜は、写真もちょっと変えてカメラはGR。
ストロボバシバシに使ってま~す。

e0175258_21302595.jpg
僕がまだ10代最後の夏くらいに、
冒険心旺盛で、いつも
「なんか面白いこと起こらないかな~」
ってワクワクしていた僕は
友達に話すネタもほしかったので、
夜を待って、幽霊がでるとうわさの廃旅館にひとりででかけたことがあります。

そこは、
「撮影に訪れた、霊能力者の宜保愛子も危険すぎて中に入れなかった」
といういわくつきの心霊スポット。



山の入り口付近に不気味にたたずむ使われなくなった旅館で
ある不幸な出来事があったといううわさ…。

比較的、こういうものに対する恐怖感はない僕でも
伸びきった雑草がアーチ状になっている、入り口までの導入部で
すでにただならぬ雰囲気に鳥肌立ちっぱなし。

e0175258_2130489.jpg
それでも、翻って逃げるわけにはいかず、
懐中電灯をかざして重いとびらに手をかけて中に入っていきました。
中は瓦礫であふれた状態でしたが、なんとか歩ける状態でした。



階段を進んで、いろんな部屋を見て回るのですが特に変わった様子もなく
ちょっと安心して、渡り廊下を通って
本館から別館へと移動しました。



こちらの別館の大広間にこそ、「見ると呪われる」とうわさのある
おぞましい形をした○○人形がある、とのことでした。
なんとしてもこれを見て帰らなければ!!と歩みを早める僕。
(友達に話したいので)(笑)

e0175258_21311395.jpg

そして疑惑の大広間を発見し、ゆっくりとこのとびらをあけると…



キャーキャー!!!!

そこにはなんと!!


…かわいらしい、犬のぬいぐるみがありました。(笑)


この瞬間なんだか自分の行動が馬鹿馬鹿しく思えてきて、
力が抜けて、ひとりで「フッ」て笑ってしまいました。

その日はそのまま、無事に家に帰ったのですが
しばらくして、別の日に同じ場所に果敢に挑んだ友人達が、
そこで撮ってきた写真を見せてくれました。

その写真は建物の外から撮影したものだったのですが
ある窓をよく見ると…犬らしき生き物が顔を出していたんです。
とっても不自然な首の向きで顔を出していました。

しかもよく見たら、それはぬいぐるみの置いてあった別館の窓だったんです。
僕がはじめてみた心霊写真らしきものでした。

e0175258_21313288.jpg


この後、紆余曲折僕は東京の写真学校に通うのですが
作品制作のテーマとして、この時の体験から、
「心霊写真を題材にした写真作品を作ろう」とまじめに思ったのですが
何度やっても霊らしきものは写らず、断念した、というお話です。





デジタル処理が可能になったこの時代、
この種の作品作りはけっこう面白いかもしれません!
いわゆる「心霊写真風」てやつですね。
このアイデア、誰か僕の代わりにやっていただけませんか??(笑)

「記念写真風」「卒業アルバム風」「家族写真風」
おもしろそうでしょ?

まあ長い話だったのですが、何を言いたかったかというと、
作品作りのヒントは全然関係のないところから、
そういつもあなたのそばにある、ということです…。
ちょっとこじつけみたいな感じですが、たまにはこんなのも…ね。
by nana-photoroom | 2009-07-30 21:38 | 写真にまつわるお話

コカ・コーラCM(本物です)

前回の課題でみなさんに提出いただいたコカ・コーラ写真
「面白かったです」や「同一テーマでたくさんの種類が見れてよかった」
などたくさんの反響をいただきました。

僕の写真だけでなく、生徒さんの写真も
どんどんここで発表していけたらなあと思ってます。
こちらのブログを御覧いただいているみなさんにも、
生徒のみなさんの写真への感想などいただけたらうれしいです。

さてさて、先日のマキアージュからの流れで今日もCMを。
コカ・コーラの新しいCMできましたね、ちょうどいいタイミングです。
プロが作ったらどうなるか・・・見てみましょう。

こちら

中田英寿さんですね、こちらもムービーです。メイキングも見てください。
(それにしても中田さんの身体がすごい!!)
やはりコーラは男性的なイメージが強いのかな?
by nana-photoroom | 2009-07-29 13:02 | 写真にまつわるお話

8月の授業予定について

e0175258_13542268.jpg

8月度授業日の確認

写真教室「とびら」
□授業内容「ポートレートを撮ろう」
Aクラス(土曜 10:00~) 8月8日(土)
Bクラス(水曜 10:00~) 8月5日(水)
Cクラス(水曜 13:00~) 8月26日(水)
Dクラス(金曜 10:00~) 8月21日(金)
Eクラス(土曜 14:00~) 8月8日(土)

写真クラブ
□活動内容「コラージュを作ろう」
8月31日(月)10:00~

授業日の振り替えを希望される方は、タムラまで。
また写真教室に興味のある方、授業のご見学大歓迎です。
事前にご予約くださいませ。
by nana-photoroom | 2009-07-29 12:46 | おしらせでござる

写真の実験

子供達も夏休み。今夜はちょっと趣向をかえて遊びましょう。
写真を使った実験を紹介します。
テレビなんかでも紹介されてますね、人間の目の錯覚を利用した実験です。
すでに知ってる人はポ~ンと飛ばしちゃってくださいね。

ここに画面が切り替わるリンクを貼っておくので興味のある方はちょっと見てください。

こちら

英語のページなのでわかりにくいですね、簡単に説明すると…。

マウスのカーソルを写真の上に持ってくると、モノクロ写真にかわります。
カーソルを外すと35mmカラーフィルムのネガのような色の状態です。

さてさてここで。
マウスのカーソルを写真からはずした状態で
写真中央の黒い点を30秒間じっと見つめてください。
目をそらさないで…じっと…。
その後にマウスのカーソルを写真の上にのっけると…。

モノクロだった写真がカラーに見えるではありませんか!!
変わりましたか?

これは人間の「補色残効を利用した錯視」だそうです。
同じ色をずっと見ていると目(脳)がその色に色順応することにより、
モノクロの画像を見たときに補色が知覚されてカラーに見える…らしいです。

たまには箸休めに、こんな話もいかがですか?いりませんか??

写真の不思議シリーズ。
次はいつになるのでしょうか~。次回はあるのでしょうか!?
また面白いネタが見つかったら…ね。お楽しみに~。
by nana-photoroom | 2009-07-28 22:00 | 写真の不思議

憧れのコマーシャルフォトグラファー

e0175258_1141433.jpg

ファッション広告を撮るフォトグラファーは、
あらゆる写真家の中でも最高クラスのトップフォトグラファーである――
というのが僕の中での揺ぎ無い認識です。

経験にうらうちされた確かな技術、飽くことのない美への探究心、
才能と知性、バランス感覚、ひらめきや直感…。
彼らは独自のライティング技術と人身掌握術を巧みに操り、
クライアントやモデル、スタイリスト、多くの人間の中で悠然と現場を仕切るという
超かっこいい仕事なのです、はい。

カメラを手にする人間の中でも超一流の人間だけが立てる、選ばれた場所です。

日本の広告では、特に化粧品関係の広告写真はとっても美しいですね。
中でも、僕は資生堂の広告にいつも注目しています。

最近見た中で、ダントツ一番かっこいいCMがこれ。
今回は写真ではありません、映像作品です。
資生堂「マキアージュ」土屋アンナさんのムービーです。

こちら

ファッションデザイナー「アレキサンダー・ワン」とのコラボアイテムの広告です。

最近の化粧品メーカーのCMを見ていると、
女性的で甘くて柔らかい表現が多いような気がしました(個人的見解です)
そんな中でこの広告イメージはクールで、強い女性を描いています。
まるでスチール写真を連続して重ねたような映像、非常に写真的な表現です。

化粧品メーカーのCM、ちょっと注目してみてください。

ちなみに上写真は、愛読書「コマーシャルフォト」です。
毎月最新号が2F事務所にあるので、興味のある方は手にとってみてください。
by nana-photoroom | 2009-07-26 23:26

HAKUHUの出張写真教室

e0175258_12413017.jpg

ナナツモリ写真教室がお店を飛び出して出張してきました。
ひさ〜しぶりの出張写真教室でした。

場所はナナツモリでもお花のレッスンをお願いしている、
花シゴトHAKUHU(ハクフ)のカナコさん宅です。(すてきなご自宅!!)
お花のレッスン後に、「コンパクトカメラで撮ろう」をテーマに
簡単なカメラの撮り方の講義と、それぞれが作ったフラワーアレンジの撮影会を。

みなさんとっても熱心でカメラにも興味を持っていただいたみたいで
楽しい課外授業となりました。

その後、おいしい手料理までごちそうになり気付いたら時計の針は夜遅く・・・。
すてきなマダムのみなさんの中にジーパンにTシャツのひげ眼鏡。
場違いですみませんでした〜(笑)

詳しくはHAKUHUカナコ先生のブログへどうぞ。
(7月25日付けのブログ参照)

今後、ナナツモリ写真室では、出張での写真教室も承ります。
一回のみの単発レッスンでもOKです。
料金や人数、授業内容等お気軽にお問い合わせくださいませ。
by nana-photoroom | 2009-07-26 20:01 | 仕事のはなし

やなぎみわ

お知らせです。

7月26日(日)9:00~9:45
NHK教育テレビ「日曜美術館」にて現代アートの鬼才やなぎみわさんの特集があります。

うちにも写真集があるのでご覧になった方もいらっしゃるのでは?

まだ写真学生だった頃、僕は写真作家コースを専攻していました。
商業カメラマンを目指す職業としてのフォトグラファーではなく、
どちらかといえば写真家を目指し、日々写真についての見識を喧々諤々…
そんな非現実的なコースだったように思います。
いえ、当時の僕の志が低かったのでしょう(笑

学生たちは森山大道さんや担任の先生に憧れ、ひたすら暗室にこもっては
モノクロの粒子の粗い、コントラストの強い写真を焼いていました。
題材のほとんどが「リアルな日常」「自分」を描いたものが多かったように思います。
(僕は暗室作業が好きではありませんでした)

そんな中で、やなぎみわさんのエレベーターガールを題材にした写真を
初めて目にしたとき、とっても大きな衝撃を受けたのを覚えています。
だって出発地点からして、全然違うんですから。

写真表現の新しい捉え方に、写真の「懐の深さ」を見たような気がして
大きな安心感に包まれた心地がしました。
僕自身、写真への見方が変わる転機になった作品でもありました。

彼女は、2009年現代アートの祭典「ベネチア・ビエンナーレ」の日本代表にも選ばれました。
今、大注目のアーティストです。
時間が合う方は是非ご覧になってくださいね。

HPはこちら(エレベーターガールの作品も見れます)
by nana-photoroom | 2009-07-24 23:52

「とびら」7月度課題発表!!

e0175258_2193728.jpg

7月度課題「コカ・コーラで広告を作ろう」
昨日、生徒さんの作品が出揃いましたのでこちらで発表します。

たくさんの画像があるので、
生徒さんの写真はこのブログではなく、リンク先に新しいページを設けました。
生徒さんもゲストのみなさんも、じっくりゆっくり見てあげてください。
どうぞこちらから御覧下さい↓

「とびら」クラス7月度課題発表

「総評」
この4月から写真をはじめたみなさん。ほぼ全ての生徒さんが初心者です。
やっと絞りやらシャッタースピードやらの言葉が馴染んできた矢先にこの課題(笑)
よく頑張ったと思います、とっても難しかったと思います。

今月の課題のテーマは、限定された条件の中でいかに工夫して
独自のアイデアを表現できるか…「ひらめき」ですね。

商品そのものに焦点を絞り、撮影をした人。
商品のまわりにある世界や日常を表現しようとした人。
具体的な広告をイメージして撮影から編集まで行った人。

見事にひとつの題材から様々なパターンが産まれました。

頭の中にあるオリジナルのイメージを、
実際に写真で表現することの難しさを知っていただけたんじゃないでしょうか。

ピントが甘かったり、露出で失敗したり、技術面ではまだまだだけど、
僕はみなさんがこのテーマに対して真剣に取り組んだ形跡を見て
それが何よりうれしかったのです。

今この段階では、結果より断然過程が大事です。

思い描いたイメージに技術が追いつかずに、きっと落ち込んだろうなあ、とか。
被写体に対する感情移入ができず、撮りにくかったろうなあ、とか。
(今までは好きなものを撮ってきましたもんね。)

皆の前で写真を発表するプレッシャーも、その緊張感や痛みもよく理解しているつもりです。

そのすべてを踏まえて、
本当に良く頑張ったなあ、とみなさんを褒めてあげたいです。
お疲れ様でした。
by nana-photoroom | 2009-07-23 15:42 | 写真クラブ

森山大道写真展「光と影」開催中

今夜は、手短に。
心斎橋アセンスにて、
森山大道写真展「光と影」8月2日(日)まで開催中です。

そして、なんと!
この土曜日、7月25日(土)15:00~17:00
森山先生のサイン会が!!(写真集、DVD購入の方が対象)
(僕も持ってます。)
森山大道ファンの面々は、絶対行ってくださいね~!

アセンスHP
by nana-photoroom | 2009-07-22 23:04 | おしらせでござる

写真教室「とびら」8月度課題

e0175258_16562428.jpg
写真教室「とびら」A~Eクラス8月度の課題

☆テーマ「ポートレート」
A4または六切サイズ以上2〜4点。(枚数は多くなっても可)
モノクロで提出ください。(撮影時はRAWがおすすめです)
被写体は男性、女性どちらでもかまいません。
(モデルさんに、写真発表の許可をもらっておいてください)
また7月度の課題と同じく、写真データも添付してください。

《8月度課題の攻略のヒント》
いよいよ、人物撮影です。得意な人も苦手な人も取り組んでみてください。
スマイル、真剣な表情、物悲しい仕草、その人らしくありのままに…。
表現手法は様々です。
場所や衣装、気候や時間帯なんかでも全く違ってきますよ~。

まっすぐ被写体に向かっていくような、核心に迫るような。
撮り手の温度が伝わってくる写真を期待しています。

ポイントとしては、まずは「客観性」。これ大事。
あとは瞬発力とひらめき、偶然をものにできるか、カメラの操作がスムーズに行えるか。
もちろん、これが全てではありません。人が違えば手法も違います。
最終的には独自の攻略法を見つけられるようになったら一人前、ですかね。

とにかく被写体の魅力を最大限に引き出せるかが成否の分かれ道。
ポートレート撮影は、写真上達へ避けては通れない道なのです。

また、今回はあえて「モノクロ」という条件を設けました。
これに関してはまた別の機会にゆっくりお話させていただきますね。

何だかものものしく聞こえますね~。
心配しないでくださいね、上手い下手うんぬんはまだまだ先の話。
とにかくチャレンジして、たくさん失敗写真を重ねてきてください。
ゆっくりいきましょう。

ところで改めてポートレートってなんだろう。スナップとの違いは?
言葉で説明するのって難しい…。
ということで、以下辞書よりその定義を引用しました。

【ポートレート】
写真の分野では人物写真、肖像写真のことで、人物の風貌(ふうぼう)描写を通して、
個性や性格を表現するのを目的とする。
日本では女性ポートレートが独立した分野として認められており、
女性美を強調することに力点が置かれている。
演出による写真家の個性的表現が、とくに重要視されている。


…やっぱりよくわかりません!!
感じてください!ね、それでいいでしょ~…
by nana-photoroom | 2009-07-19 17:20 | 写真教室「とびら」